亀のゼリーと中国茶

5F0C6B0B-7433-42C7-8807-D043CCC909DA.jpg873A949C-0540-4D42-9461-28252AA95515.jpg

『亀ゼリー』に惹かれて横浜中華街のお店に入った。


他のお店にもあるのだろうが、

開店しているのかしていないのか

人気のない感じの、

こじんまりとしたお店でいただいた。


亀ゼリーは見た感じコーヒーゼリーみたいで、

味は、、、苦いというほどでもないが、

味覚の中の何かと言えば苦みだろうか。


甘くはない、辛くもない、しょっぱくもない、

酸っぱくもない、

これは苦みかな、、、という感じ。


ミルクをかけて食べてもいいのよと
綺麗な店主さん。

味が分からなくなりそうなので今回はかけずに完食。

多少えぐみがあるような、、、

苦みかな?

と探り探り、ぴったりの味覚がみつからないまま。


一緒に注文した中国茶は、
急須から茶碗に注いで何杯か飲んでいると
お茶が出てこなくなったので
なくなったかな?と
蓋を開けてみてみると
中身が注ぎ口で詰まっていた。

軽く一回しするとまた注げた。

それにしてもこんなに色とりどりの体によさそうなものが入っていたのね。
クコの実とゴボウ?と?
なんかもったいない。
耐熱ガラスのポットなどに入れたら見た目もきれいになると思ういながら、
蓋をする。

片隅のテレビに中国のドラマが映っていた。




この記事へのコメント