フルーツゼリーで使ってみる

ゼラチンを使い切るため

今日はフルーツゼリーに挑戦。。

『栗原さんちのおやつ』(栗原はるみさん著)をみながら作ります。。

今回はあらかじめ

オレンジジュースとフルーツ缶を買っておきました。。

オレンジジュースが470ml入りだったので

400mlのみ使用して

本に書いてある。材料は全て半分の計算でやってみます。


半分だと

ゼラチン 5g
水 大匙2.5
オレンジジュース2カップ
レモン汁4分の1個分
フルーツカクテル 小缶2分の1
牛乳適宜

となります。

ゼラチンを水でふやかしておく。

鍋にオレンジジュースとレモン汁を入れてひと煮立ち。

火を止めてゼラチンを入れて溶かし

ボールに入れて

冷蔵庫で固める。

その間にこれを書いています。

レモンはなかったのでポッカレモンを

入れてみました。

あとは

固まったらスプーンでくずして


フルーツカクテルにゼリーをのせて

牛乳をかけてできあがりだそうです。

※本にはもっと丁寧にかいてあります。


缶を開けてガラスの器に入れてから

冷蔵庫のゼリーを確認してみましたが

まだ熱いです。

しばらくしてからまた書きます。


-----時間経過ーーーーーー


その後、洗濯機を回して冷たくなったころ

ゼリーを確認しましたら

サラサラしていて固まるけはいがありませんでしたw


何かをまちがえたのでしょう。



これはゼラチンが足りない。

そう思いもう5gをお湯でふやかし投入しました。

さらに冷蔵庫に入れて買い物へ。


帰宅してゼリーの状態を確認するとかたまっていました。。

もともと固すぎないフルフルのゼリーのレシピとのこと。


フルフルにできました。


フルーツにのせ牛乳をたらしていただきます。

「牛乳をたっぷりかけると、ゼリーの酸味で、
フルーツヨーグルトのようになるんです」とのこと。

うん、美味しいです。

ごちそうさまでした。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ゴッホのゴーギャンとの共同生活の破たんの原因とゴッホ絵画の前衛性
Excerpt: ゴッホとゴーギャン ⅡCommunitylife between Gogh and Gauguin フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)とポール・ゴーギャン(1848-1903)は19世..
Weblog: dezire_photo & art
Tracked: 2016-12-20 12:56