鴨カモ

昨日、夕方、
コンビニに行く途中、橋を渡った。
橋から何気なく川を見下ろすと、鳥がいた。

鴨カモ?!

確かに鴨だ。

その川はこの時期、水が少なく
川底が見える位の水位だ。
川の途中、一段、階段のように
低くなっている箇所がある。
川のどこからかは不明だがその段の
近くはコンクリートになっている。

鴨はコンクリートの段の下に2羽、
段の上に4羽いた。
段の上の4羽は、
ちょうど段の直角の部分のギリギリのところに
一直線に、皆、川上の方を向いて並んでいた。

なんでだろ?

段の直角のところで水が落ちるので
その手前で流れに変化があって
気持ちいいのだろうか?

それとも川上から餌になるようなものが
流れてきてその場所で取りやすいのだろうか?

理由は分からないが
気持ちよさそうだった。

気持ちよさそうな鴨を見て
私もホッコリ幸せな気分になった。

春に鴨の親子が
この川の少し川上で泳いでいることはあったが
この時期に鴨を見かけたことがあっただろうか?

・・・これまで、気にしたことがなかった。
冬は流れがあって水が凍らない
川辺で生息するらしいが
ここで越冬しているのであろうか・・・?

それとも南の方へ渡って行くのだろうか?

もしもこの川で冬も鴨が過ごしているのなら
厳しい北海道の冬の日も
温かい気持ちになれそうだ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック