東京スカイツリーの展望回廊には行くべきか?


今年3周年の東京スカイツリーに行こうかと、

事前に料金などネットで調べてみた。


公式HPを見ると

当日入場券・個人・大人で

展望デッキ(35m)は2060円、

展望回廊(45m)は1030円となっていた。


なぜ二つに分かれているの?

一つしか行かないとしたらどちらがいいの?


HPの館内案内の説明を読んでみるが

文面だけでは全くピンとこない。


ま、行ってみてから考えようということに。


浅草で待ち合わせて電車で東京スカイツリーへ。

おなかがすいていたので到着後すぐに

レストランのあるフロアへ。

夕食だ。とんかつを食べた。

お店の人のおすすめで岩塩をつけて食べた。

おいしかった。



おなかも満足したところで、受け付けで展望デッキのチケット購入。

展望回廊のチケットは?と尋ねると

展望デッキのチケットカウンターで購入できますとのこと。

望回デッキのチケットを買わずに

展望回廊のチケットを買うことはできないのか?

聞ける雰囲気ではなかったので、

多分できないんだろう。


エレベーターを降りると目に飛び込んでくる

煌めく夜景。

新宿はどっちだ、あれは東京タワーだと

360°たっぷりと東京の夜景を満喫した頃

アナウンスが入った。


「展望回廊へのご入場はは21:20までとなります」


チケットを購入し

入場時間ギリギリでエレベーターに乗り展望回廊へ。


高くなった分、少しズームアウトした夜景が見えた。

螺旋状でゆるく坂になっていて、

最高到達点まで歩いて上るようになっている。



夜だったからか

回廊の螺旋に沿って青くライトアップされていて幻想的だ。

SF映画のような・・・

神秘的な音楽が流れていてとても癒された。


いつまでも、そこでたたずんでいたい気分だった。

日常の細々したことを忘れられる時間だった。




結果、展望回廊へは行ってよかった。


家族連れなど人数が多い場合は料金がかさむので

展望デッキだけでゆっくりと満喫するのもあり。




次行く時は、夕暮れ時に行ってたっぷりと

時間の経過を味わいたい。


※営業時間や最終入場時間、料金は
変動あると思いますので事前に調べて下さい。
夜行くなら、展望回廊へ行く時間がなくならないように
計画を立てるとよいと思います。






















この記事へのコメント


この記事へのトラックバック