節約モードで~自動車保険~


車にかかる費用で節約を考える。

車検のあとは自動車保険の見直しをしてみようと思い立った。

現在、大手自動車保険に加入している。

3年の複数年契約で年間4万6千円ほど。

一括で支払い済みだ。


自動車保険で金額に差が出るのが車両保険。

付けると付けないでは雲泥の差だと聞いたことがある。

しかも、事故で自分の車の修理をする必要が生じても

保険を使うと翌年の等級が下がり、

保険料が上がる。


だから少しの修理代で済む場合は

保険を使わない方が得だったりする。

ここ数年の間に、

同じ等級でも

保険を使った場合と使わなかった場合では

等級による割引率が違うというルールもできているはずだ。



2年ほど前、

気が付いたら前方左部分がへこんでいた。
(当て逃げの可能性があり)

修理をすると数万円。

保険を使うとかえって損するパターンであり、

保険を使わず修理した。


昨年も、外すことを検討したが

大きな修理が必要となった場合、

車両保険が使えないとかなり不安と思い、

ローンも残っているので保留とした。


車両保険には自己負担額の設定がある。
(保険会社によって呼び方は違うようだ)

例えば10万円と設定すると

自分の保険で車両保険を使い

50万円の修理をする際、

10万円は自分で負担するというものだ。

数万円の修理で保険を使わなかった経験上、

せめてもと思い、

事故1回目0万円、2回目10万円の設定を

1回目・2回目とも10万円と変更した。

残り半年分で4600円ほど戻ってきた。


今回は思い切って車両保険自体を外そうと思い、

保険会社に問い合わせてみた。

外すと残り半年分7800円ほど戻るという。

その時勧められたのが

一般車両保険よりも安くなり、

相手が車の時のみ使える
(壁にぶつけた場合等は使えない)

車対車限定の車両保険。

それだと残り半年分4500円ほど戻るのだという。



車両保険はいろいろなつけ方があることが分かった。



車に乗る頻度も減ったので、

経済的に余裕のない私は、思い切って車両保険を外した。

満期の頃には、お得なネット申し込みも考えてみようと思う。、


※あくまでも私の個人的なことを書いています。
自動車保険は保険会社によって内容が違います。
自動車保険の変更をお考えの方は、ご加入の保険会社にしっかりと確認してから
ご自身の状況に合わせ、ご自身の責任において手続きをしてください。
経済的に余裕のある方は、もちろん車両保険もつけておいた方が安心です。













この記事へのコメント


この記事へのトラックバック